大切な人に想いを伝える「宣言書」


「〇〇歳までに結婚しよう」「仕事が安定したら結婚しよう」「お金が貯まったら家を購入しよう」

このような口約束を交わしているカップル・夫婦はいませんか?

その場の雰囲気でつい言ってしまう場合もあると思いますが、これらの発言を何度もただ繰り返し言っているだけの場合はあまり良いことではありません。

この気持ちが本当であるのなら、「宣言書」としてしっかり書面に残してみませんか。

 

 

行政書士が証人になります


書面にすれば口頭よりも説得力はありますが、そこでもう一つ、書類の専門家でもある行政書士2名が証人となり、あなたの宣言書の誠実性高めます。

 

 

 

 

左記の宣言書は参考例になります。

大切な人へ宣言したいことを箇条書きで列挙します。

何項目でも構いませんが、現実的に達成可能な内容を掲げることをお勧めします。

 

宣言した日付と氏名を記入します。

 

 

行政書士2名が証人となります。